Coco*Connon紙遊び前編

2013.10.11 Friday

0

    Coco*Connonで活動する前から作り続けてきた紙雑貨たち。
    もともと細かい紙モノが好きで、自分でも作れないかなあと思ったのがきっかけです。
    写真を切り抜いてコラージュしたり、消しゴムはんこをスキャンしたり。

    カットは家庭用カッティングマシーン「Craft ROBO」を使用しています。
    illustratorのパスに合わせてカットしてくれます。とても便利ですよー。
    現在は廃盤ですが新しいものも出ていますので気になる方は「silhouette CAMEO」で検索してみてください。


    ダイカットのシールフレークは某所(笑)のバラを中心に、花や葉、蝶をコラージュしてクロモスっぽい雰囲気を目指しています。
    私自身も愛用していて、お手紙やプレゼントにペタりと貼るとほんのり華やかになりますよ〜。(自画自賛!)



    パッケージも色を少しずつ変えるのみに留めて統一感を出しています。
    ふた部分は中央部分に目打ちで折り線をつけてから組み立てています。
    線つけておかないとしわまみれになっちゃうんですよー。そんな苦労も詰まってます。笑
     
    消しゴムはんこは一度彫ったものを紙に押して、それをスキャンした後に色あいを変えてからカットしています。
    アナログのかすれ感が欲しかったのでこの方法にしました。
    井上のきあさん著の「消しゴムはんこの魔法」(Amazonリンク)を参考にしています。
    シールを組み合わせてコラージュとかも出来るので色々遊んで欲しいなあと思いながら作りました。


    もうひとつはリポ○タンDなどに貼るだけでほんのりヴィンテージ風のインテリア雑貨が作れるラベルシールです。(現在2種)
    欲しいのに中々手に入れることが出来なかったので自分で作ってみました。
    英語やフラ語の文法はかなり怪しいので目を瞑ってください。笑


    今年はこれにもうひとつハリー・ポッターをオマージュした中2病ラベルが追加される予定です。
    「ユニコーンのたてがみ」とか、「メロウの涙」とか、「マンドレイクの根」とか。
    すっごいカッコイイのを目指して空回り感半端無いので当日見かけましたら「中2乙www」と笑ってやってください。


    最後にこちらも試作中なのですが、文香を作っています。
    昔の方はお手紙を出すのに香で焚き染めてから相手に送ったそうで、
    現在は文香を封筒の中に直接しのばせたり、お財布などに入れて香りを楽しむそうです。

    和紙に写真を刷り、線香をすりつぶしたものを中に入れています。
    写真+香りを一度やってみたくて。

    しかし和な写真が少なすぎて種類が揃わないため、
    洋風なものでも合う香りは無いか雑貨屋でひたすらかぎ比べしてきました。
    結果、とあるブレンド香と金木犀の香が個人的に「いいなあ〜」と思ったので、その2種で試作する事にしました。
    トイレっぽい香りだね、と言われないかドキドキです。

    さて、前編はこちらで終了です。
    後編ではマッチ箱ラベルやミニカードをご紹介します^ω^)ノ
    コメント
    コメントする