水彩とペン

2013.09.06 Friday

0
    以前なんちゃってエスニック柄にアルコールマーカーで色をつけたところ、
    発色が良いせいかすてきな雰囲気になったので今回は透明水彩で遊ぶことにしました。
    (画用紙があれば良かったのですが、手元に無かったのでケント紙で頑張ります!)

    主線の黒は耐水性インクでないとにじんでしまうかなと思い、
    水彩を描かれている方のサイトを拝見して「PIGMA」を購入してみました。
    塗りやすいように大きな柄にしました。
    いつも安いコピー用紙に描いていたのでケント紙の滑らかさにびっくり!
    サラサラ描けるよー引っ掛かりが無いよー……。
    学生の頃ブロックで買ったものが引き出しの肥やしになっていたので、
    これから遠慮なく使おうと思いました。

    そして肝心の色つけですが、PIGMAは本当に全然滲みませんでした。
    水を含みにくい紙なので表面の乾きが悪かったにも関わらずくっきりでした。

    それより塗った後濃いなーと思ってティッシュあてると全部絵の具吸い取って真っ白に。笑
    発色は良いですが、確かにケント紙は向かないですね……。



    結局いつも使ってるSignoも気になるほど滲んでいなかったです。
    そしてマルチライナーはやっぱり優秀だなあと思いました。

    つまり面倒くさがらず一度ためし塗りしておけばわざわざ買わなくても良かったんですよねー。
    ピグマ、折角買ったのでちゃんと使ってあげないと……。

    そういえば色鉛筆で絵を描くときに主線にマルチライナー0.05を使うのですが、
    細心の注意を払ってもうっかり先っちょ潰しちゃうんですよねー。
    どうにかならんものかこの怪力。そもそも柔らかくないですかコピック系列!
    コメント
    コメントする